インプラントとは

インプラントとは、虫歯や歯周病によって失ってしまった歯の部分に、人工の歯根を骨に埋めてかぶせ物を作成するによって、本来の機能と見た目を取り戻すことができる治療方法です。

治療にあたっては、精密検査後、顎骨にチタン製のスクリュー歯根(ねじのような形状の歯根)埋込手術を行い、差し歯とつなぎ合わせます。

インプラントは、寿命が長く、見た目もきれいに仕上がりますが、保険の適用外(自由診療)となります。

入れ歯、ブリッジ、インプラントの違い

  入れ歯 ブリッジ インプラント
他の歯へ負担 ばねを架けた歯に負担あり 両隣の歯を削る必要あり 他の健康な歯を削る必要がない
見た目 ばねが見えてしまう 違和感は比較的少ない 違和感はない
噛力 劣る やや劣る ほぼ変わらない
噛み心地 くっつきやすい食べ物、硬い食べ物など食べにくいものがある やや劣る程度 ほぼ変わらない
耐用年数 数年 8年程度 10年以上
価格 安価 保険適用範囲は安価。一部保険適用外あり。 保険適用外