各種 自費治療費の一覧

白い詰め物の治療費

オールセラミック インレー(e-max) ¥32,400-(税込)
ハイブリッド インレー ¥16,200-(税込)
   

被せ物・差し歯(クラウン)の治療費

オールセラミック クラウン(e-max) ¥64,800-(税込)
オールセラミック クラウン(ジルコニア) ¥75,600-(税込)
メタルボンド(内面メタルのセラミック冠) ¥86,400-(税込)
   
   
ファイバーコア(土台) ¥10,800(税込)

インプラントの治療費

インプラント(オールセラミック込み)

 ¥324,000(税込)~

ホワイトニングの料金・価格・治療費

ホームホワイトニング(自宅で1日2時間を2週間)  ¥21,600(税込)
ホワイトニング液追加(1週間分) ¥5,400(税込)

オフィスホワイトニング1回(LED照射9分を3回施術)

オフィス3回セットの回数券 

8640円

21,600円

虫歯予防の療費

フッ素塗布  ¥540-(税込)

素材について

現在、歯の詰め物にはいわゆる銀歯以外の詰め物がたくさんあります。材質によって適用する部位ごとに使い分けています。それぞれの材料ごとの特徴を簡単にご説明いたします

セラミック

陶製の白い詰め物です。 主に、

透明感があり元の歯に近い色合いが出せる

変色しない

プラークがつきにくい

などの特徴があります。

ハイブリッド

セラミック(陶器)の粒子とレジン(プラスチック)の混合材料です。 主に、

詰め物に適した硬さの素材

硬すぎない素材のため噛合わせている反対の歯に優しい

保険で使うレジン(プラスチック)よりは硬い素材である

透明感があり元の歯に近い色合いが出せる

変色は少しずつする

などの特徴があります。

セラミックスクラウン

セラミックス製の白い材料を指します。使われている素材によってオールセラミッククラウン(ジルコニアクラウン、e-maxクラウン)、メタルボンドクラウンなどがあります。

オールセラミッククラウン(ジルコニアクラウン、e‐maxクラウン)

オールセラミッククラウンとは、冠全体がセラミック(陶器)でできているかぶせ物です。セラミックは汚れが付きにくく、変色もしません。天然歯とほとんど見分けがつかないレベルの高い審美性のものです。

ジルコニアクラウンとe-maxクラウンの違いは、ジルコニアという非常に硬い素材のフレームの上に陶材を焼き付けた被せものがジルコニアクラウンです。非常に硬いため、噛み合わせの強い部分奥歯や欠損のある連結かぶせ物(ブリッジ)などにも使用できる。が、フレームは真っ白のため、色調はe-maxクラウンのほうが透明感は優れています。

 

メタルボンドクラウン

素材の歴史は古く、金属製の土台に陶材を焼き付けた被せものです。 自然な歯の色に近いことはもちろんですが、土台に金属を使用しているため強度に優れた材料です。